丸まった長い毛が人の恋路を邪魔しやがりました!

人の目線って、対面しているとすぐに分かりますよね。よく胸の大きな女性は自分の胸に目が行く瞬間がすぐに分かると言いますが、それは男性でも同じです。と言っても、目線はもちろん胸ではありません。男性の場合で多いのが、頭や顔に生じている「かすかな異変」に対する目線です。
これは、ある気合いを入れた一日の始まりのことです。いつもよりも入念に髪型を整え、服装もクリーニングに出したスーツをバッチリと着込みました。何故そんなに気合いを入れたのかというと、この日は合コンがあったからです。社会人になってからは極度に出会いも無くなってしまい、彼女も全くいない状態となってしまいました。恋愛依存症というわけではありませんが、それでも何年も彼女がいない状況が続くと不安にもなってしまいますし、何よりも寂しいですよね。そんな状況に終止符を打つべく、気合いを入れてこの日の合コンに臨もうと思ったわけです。

 

こうしてバシッと身だしなみを整えて家を出たわけですが、風が吹けば髪型が崩れないか、電車に乗ったらスーツにしわが寄らないように立ちっぱなしで、さらにはどこにも寄りかからないように気を付けていましたね。
そんなこんなで合コン場所である居酒屋へ到着したのですが、ここがまたお洒落な店で良いのです。まさにロケーションとしては問題が無いので、あとはどのような女性が来るかだけです。ケア絶対です!デリケートゾーン自己脱毛が大失敗だった事

 

今回は既婚の先輩がセッティングしてくれたので、まさしく未婚の我々のためだけの合コンです。気合が入らないわけがないわけです。
こうしてしばしの時間を過ごすと、女性たちがやってきました。元々期待はしていたのですが、それを上回る可愛さでテンションは上がり通し。これはもう完全に彼女を作らなければと思いましたね。

 

こうして一時間ほど他愛もない話をして時間を過ごしたのですが、一人の女性にターゲットを絞り頑張りました。そしてその女性が立ちあがってトイレへ行こうとしたので、ベタですがそれに付いていって出待ちをし、何とか連絡先を聞こうと思っていたのです。
そしてお目当ての女性が出てきた時に、自然を装いながら話しかけたのですが……。目線がチラチラと鼻の方へ行くのが見えたんですよね。何だろうと思いながらも必死に連絡先を聞きだし意気揚々と席へ戻ると、何故か同席していた女性陣が私の方へしきりにやって来るのです。これはモテ期到来か!?と思ったのですが、何か皆一様に目線がチラチラと移るんですよね。
まぁそんなこんなで合コンも終わり、すぐさま先ほどの女の子へお礼がてら連絡をしました。すると返信が来たのですが、「髪型も良いけど鼻もチェックしてくださいね」と来たのです。
毛あるある3
何の事やらと鏡で見てみると、何とバカボンのパパ並に長い鼻毛が両鼻穴から一本ずつ飛び出しているではないですか!
どうやら長い鼻毛が丸まって鼻の穴に潜んでおり、合コンで荒くなった鼻息で飛び出してきたようなんですよね。
「こんな鼻毛を飛び出した状態で口説いていたとは……」と自分に幻滅しました。
もちろん、お目当ての女性とのやり取りはそれっきりです。いくら連絡を取っても返信はきませんでした。皆さんも、丸まった長い鼻毛には気を付けてくださいね……。

 

トップへ戻る

 

仲良しだった社長さんがかぶっていた話

昔、夜の飲食店にて働いていた時の話です。
仕事にもなかなか慣れず、お酒も飲めなくて毎日辞めたいとばかり考えていました。
そんなときにきたお客様でとても優しくて素敵な方と仲良くなりました。
やはり知り合った場所が場所でしたので
正体はあかしてくれませんでしたが
中小企業の社長と言っていました。
一代で貧乏暮らしから成りあがったというその方は
とっても庶民派で、食事はいいところへたくさん連れていってくれましたが
遊びに関してはパチンコが多く、とても新鮮で楽しかったです。
毛あるある5
普段は社長と言うだけあり
かなりせっかちで、来店していただいても
毎回15分でチェックして帰られます。
しかし、必ず指名してくださり会話も弾むので
ありがたい方だと感じていました。

 

仲が良いとはいっても、
深い仲ではなく紳士的なお付き合いをしてくれていました。
他のお客様と比べても
指名してくださる割に本当に下心がないような紳士ぶりに
なおさら素敵だと感じていました。

 

そんなある日、親しくなっていく中で
一つだけ違和感を感じ始めていました。

 

髪型がは少しお坊ちゃま風?で
さわやかな短髪だったのですが、
いつも完璧なんです。
というのは、裏を返せば何か月たっても、同じ髪型なのです。
伸びた様子もありません。
会うペースは週に1.2度程度でしたが
毎度同じ髪型を保っていました。
これはもしかして・・

 

彼はあまり背が高くなかった為髪型が見えやすかったこともあり
時々気にしてみるようになってしまいました。
よく見てみると、もみあげがありません。
剃っているにしても、やっぱりいきなりもさっと生えてるな〜うーん。
つむじも見てみましたが、やはり地肌があまりなく
(ほんの少し地肌風の部分もありましたが、やはり不自然です。)
それからというもの、話題には細心の注意を払うようになりました。
美容院へ行った話や、染髪の話はしない。
もちろん他人の薄毛についての話題はもってのほか。
そんな疑惑の日々は過ぎていきました。

 

さらに数か月たったある日、サウナ帰りだという彼。
サウナ中は脱いでたのだろうか・・そんなことを考えながら食事へ行きました。
目線にも細心の注意を払っていましたが、
その日の様子は少し、いえ、かなり違いました。
フルーツも入れるようなネットがぴよよんと頭髪からでていました。
頭の中は??となりましたが、容易に想像が付きました。
カツラを被る際におそらくネットが必要なのでしょう。
それがでてしまっている・・言おうかどうしようか悩みに悩んで結局言えず。
鏡を見れば一発でわかるレベルだったので、なんともいえない空気になってしまいました。
薄毛で悩んでいる気持ちはわかるけれど
はっきり言ってくれた方が気が楽ですね。